ものづくり Project

佐竹孝機業店

かはひらこの原点。
西陣織を始めて60余年。京都にあった機を石川に移し、現在は約40台の手機と自動織機で帯を制作。
そこで蚕を育てこだわりの糸を作り、加賀の前田藩の献上絹である「加賀絹」も制作している。
10人の職人と自然あふれる山里で草木染も行っている。
京都西陣に店があり、また町家「愚庵」にて作品を紹介している。(要予約)

佐竹司吉
蚕と美都子
 

佐竹 司吉(かずよし) プロフィール

1947年
福井県生まれ
1970年
家業西陣織創作活動を始める
作歴
武者小路千家・家元好み帯地製織
美智子妃殿下ご着用帯地製織
平成の名品選出
奉書紬 復刻 パリコレ出品
受賞歴
西陣織大会 中小企業長官賞
近畿通産大臣賞
京都府知事賞 京都市長賞
その他受賞
所属
西陣織工業組合 理事
加賀市織物組合
佐竹親子
藤森民人

藤森民人
プロデューサー

かはひらこプロジェクトプロデューサー
幸せ文様研究家

常に冷静にチームをまとめ、共にかはひらこを全国で育成中。
趣味は絵画。頼もしい3人の男の子の父親でもある。




 

河野佐知

河野佐知
 

かわひらこ着物制作チーフ

美大卒業後、扇面絵師に弟子入り後、呉服業界へ。
独特のセンスで着物を制作






 

| 印刷用ページ